12/05/2021
Breaking News

医療現場における男性看護師の将来性

看護師は古くは看護婦と称され、女性の仕事というイメージが一般的でした。医療現場でも看護師は女性が従事する仕事と見なされることが多く、現在でも男性看護師は決して多いとは断言できません。

しかし、性別と仕事は関係ないという認識が広まっているため、男性看護師の数は増える傾向にあります。特に看護師の仕事は一般的なイメージよりもはるかに重労働なので、女性よりも体が大きく力も強い男性が従事するのに最適と言っても過言ではありません。
看護師の重要な仕事である患者への介助作業は体に大きな負担がかかるため、筋力が強い男性向きの仕事と言えます。性別の区分けを取り払い、看護師とだけ称する医療機関が増えているのも、認識が変化した表れです。

男性看護師の数が増えるとされている理由の一つとして、看護の仕事が過酷なことが挙げられます。
看護師は患者の容態を常に把握する必要があるため、夜勤を含む長時間勤務や休日を返上した連勤は珍しくありません。体力を要するため、女性よりも男性の方が適していると認識されつつあります。
また、医療機関の多くが看護師不足の状況に陥っていることから、必要な人員を確保する目的でも、男性看護師が重宝されています。

看護師の仕事は女性ならではというイメージがありますが、実際の仕事は体への負担が大きく、非常に過酷なものです。スタミナが要求される力仕事の側面もあることから、筋力が強くスタミナもある男性こそ看護師が適任と言えるでしょう。

※記事を書くにあたり参考にしたのはこちらのサイトです