12/05/2021
Breaking News

男性看護師だからこそ活躍できる医療現場

看護師という名称が浸透する前までは看護婦と呼ばれ、多くの人が女性特有の職業だと認識していました。しかし男女雇用機会均等法や男女平等の観点から、男性だから、女性だからと雇用機会を奪うのではなく、どちらにも等しい権利があるという意見が多くなりました。
今では看護婦は看護師と呼ばれ、男女どちらでも使える名称へと変化しています。では、実際に医療現場では男性看護師はどう働いているのでしょうか。

全体を見ると男性看護師の割合は少ないものの増加傾向にあり、知識の豊富さや経験値の高さなど求められることは女性看護師と同じです。一方で男性看護師だからこそ活躍できる場面も多く、例えば体力や腕力があるため男性だからこそできる運搬や移動などが挙げられます。

また男性患者にとっても、男性看護師だからこそ話せたり相談できることもあります。女性看護師には相談しにくいことも、男性看護師であれば不安を抱え込まず、そしてストレスを感じることなく相談できるからです。
また、力強く抵抗する患者や重度の障害を患っている患者への対応など、男性看護師だからこそ任される業務もあります。

男性看護師として働くあるメリットとして、キャリアアップのチャンスが多い点も挙げられます。就職したらあまりライフイベントで休職することなく、キャリアを踏んでいくことが可能であるからです。
そのほか、収入が安定している、女性看護師や患者から頼りにされるなど、男性看護師として働くと多くのメリットがあります。